うるさいスーツケースに罰金!?

イタリアのベネチアで、観光客の引くスーツケースの車輪が石畳に当たってゴロゴロうるさいと、住民からの苦情があったので、うるさいスーツケースを持っている人に、来年から最高500ユーロの罰金を科すことになるというニュースを読んだ。騒音公害の低減に加え、古く伝統ある町の石畳を保護するのが目的だとか。音を出さないようにするには、ゴム製か空気式の無音車輪をつけなければならないという。

まったく信じられない話だが、これが本当なら年間2700万人という観光客に喧嘩を売っているようなものではないか。ただでさえ飛行機の預け入れ手荷物の規制が厳しくなっている昨今、ようやく到着した旅行先でさらに500ユーロも請求されるとは、踏んだり蹴ったりである。500ユーロ出したくないなら、わざわざそのために新しいスーツケースを購入するしかない。ベネチアを訪れる予定のある人は、旅行先の事情を十分に確認しておいた方がいいだろう。海外旅行も大変な時代になったものだ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP